ウォータージェット加工

ウォータージェット加工

熱による変色・変質を抑え、美しい切断面を実現。
2D加工なら縦2,000mm 横4,000mm 高さ150mmまで対応
3D加工なら縦1,000mm 横3,000mm 高さ150mmまで対応

 

  

  

ウォータージェット加工の特徴
材質を選ばない

ウォータージェット加工は、材質を選ばない。CFRP、GFRPなどの複合材、チタン、アルミなどの金属、陶磁器タイルなどの硬い材料から、発泡ウレタンなど軟らかい樹脂材料にいたるまで、性質の異なるさまざまな 材料を切断することができます。

垂直で良好な切断面を実現

ウォータージェット加工は、垂直で良好な切断面を実現。その材料の重さ、厚さ、硬さに適した加工設定を行うことにより、垂直かつ良好な切断面となり精密な加工を行うことができます。また、既存の図面データを使って加工を行うことも可能です。

熱による変質・変色がない

ウォータージェット加工は、熱による変質・変色がない。ウォータージェットは、超高圧ポンプにより生成された高圧ジェット水流に、硬い材料では 研磨剤を混入することで切断しますが、材料は熱影響や機械的応力を受けませんので、 酸化被膜除去など二次加工が不要です。

2D、3D加工/最大2M×4Mに対応

【加工可能な材料寸法】

■2D加工/3軸(X、Y、Z)制御→ 縦2,000mm×横4,000mm×高150mmまで
■3D加工/5軸(X、Y、Z、傾き2軸)制御→ 縦1,000mm×横3,000mm×高150mmまで

小ロット・試作に対応

ウォータージェット加工は、小ロット・試作に対応可能。小さなロット、1個単位の試作など、数量がまとまらないような生産についても、まずはご相談下さい。

粉塵、有毒ガスが発生しない

ウォータージェット加工は、粉塵、有毒ガスが発生しない。乾式加工では、粉塵や有害ガスが発生するおそれのある材料に対しても、ウォーター ジェットで加工することで、そのリスクを低減させることができます。

 

対応可能な素材について

複合材 CFRP、GFRP、その他各種複合材
金 属 チタン、アルミ、鉄、ステンレス、その他各種金属
セラミックス タイル
樹 脂 ABS 、PE 、MC ナイロン 、アクリル、塩ビ、ウレタン、その他各種樹脂製品
その他 ガラス、石材、その他各種アッセンブリー品

 

ウォータージェット加工の加工事例はこちら

ウォータージェット加工のお問い合わせはこちら